会社概要

電脳マヴォ合同会社・会社概要

社名:電脳マヴォ合同会社
代表社員:竹熊健太郎
所在地:神奈川県大和市
資本金:30万円
設立:2015年7月21日

事業目的

沿革

1995年5月:竹熊健太郎、小形克宏、『別冊宝島EX マンガの読み方』(宝島社)を編集
2003年4月:竹熊健太郎、多摩美術大学で「漫画文化論」開講(非常勤講師)
2008年4月:竹熊健太郎、京都精華大学で客員教授に就任。翌年よりマンガプロデュース学科教授(2015年3月退任)
2008年12月:漫画同人雑誌「コミックマヴォ」創刊(2011年まで5冊を刊行)
2012年1月:「電脳マヴォ」ローンチ
2015年7月:電脳マヴォ合同会社を設立
2016年4月:「投稿マヴォ」ローンチ

スタッフプロフィール

経営

竹熊 健太郎(たけくま・けんたろう)

代表/「電脳マヴォ」編集長:
1960年生まれ。編集家、ライター、マンガ原作者。マンガ原作に、『おいね』(1983年掲載、作画:藤原カムイ)、『サルでも描けるまんが教室』(1989年〜1991年連載、作画:相原コージ) 、『ファミ通のアレ(仮題)』(1993年〜1995年連載、作画:羽生生純)。著書に『私とハルマゲドン』(太田出版、1995年)等がある。

小形 克宏(おがた・かつひろ)

業務執行社員:
1959年生まれ。1983年、“オタク”という言葉を生み出した『漫画ブリッコ』を共同編集。1989年〜1993年、週刊漫画アクション編集者。1995年に夏目房之介、竹熊健太郎他とともにマンガ表現論のさきがけとなる『別冊宝島EX マンガの読み方』(宝島社)を編集。近年は文字コードや絵文字など、IT系のライターとして活動。妻はマンガ家の青木光恵。

編集/デザイン

石井 健太(いしい・けんた)
佐藤 隆史(さとう・たかし)
呉 塵罡(ご・じんかん)

開発

片山 功士(かたやま・こうじ)
浅井 康(あさい・やすし)

協力

深沢 英次(ふかさわ・えいじ)

取引先

株式会社 TRICO
株式会社 Vスクロールコミックス
株式会社イーブックイニシアティブジャパン
株式会社ブックウォーカー
株式会社モバイルブック・ジェーピー

契約作品リスト

電脳マヴォが契約中のマンガ作品リストは、こちらをご覧ください。

メディア掲載紹介

「電脳マヴォ」の取り組みは、各方面から注目を集めています。外部メディアによる取材・インタビューなどはこちらをご覧ください。

問い合わせ先

電脳マヴォ合同会社へのお問い合わせは、こちらのメールフォームよりお送りください。追って担当者がお返事をいたします。