投稿マヴォ

電脳マヴォ内に設置されていた「Webマンガたれ込みフォーム」から独立、多摩美術大学での人気講座「漫画文化論」優秀作品の掲載を皮切りに、2016年1月からスタートしたマンガ投稿サイトです。

玉石混交のコンテンツがWEBに溢れている今、求められるのは編集力と作品を育てる力です。投稿マヴォは誰でも作品を投稿することができ、全ての作品を編集長の竹熊健太郎がチェックし、掲載の可否を判断します。

優良な作品は電脳マヴォに掲載します。そこで人気が出れば、著作権信託契約を結んだ上で、電子書籍化してAmazon、楽天Kobo、honto等の有力電子書店で販売したり外部のマンガアプリで配信するなどし、そこで得られた収益を配分します。

特定の更新日はなく、作品が増えるたびに更新されます。2017年5月現在、約550作品を掲載しており、3Dで製作されたマンガ、あるいは文字のみで構成されたマンガ等、一風変わった作品も多く集まっています。また小林絵理子「宮崎駿に人生を壊された女」は116,149PVという驚異的な閲覧数を記録ました。

幅広く意欲的な作品を募り、ネットに埋もれた才能を引き上げ、昇華させる。そのプラットホームが「投稿マヴォ」です。

投稿マヴォ