マンガエージェント

マンガ家が紙面以外の場、マンガアプリや電子コミック等、ネット上に活躍の場を広げつつある今、電脳マヴォは「新人にこそプロフェッショナルなエージェントが必要」と考えています。作家と包括的な著作権信託契約をむすんだうえで、複雑なネットサービスの契約を代行、作家の利益を最大化するエージェント(代理人)として作品を多方面に売り込みます。

日本マンガの強みは編集というサポート体制があることです、これは紙雑誌に限ったことではありません。電脳マヴォは契約代理人にとどまらず、編集者を兼ねたエージェントとして作家に寄り添った支援をしていきます。

2017年5月現在、445作品について著作権信託契約を結んでおり、電子書籍販売や外部のマンガ配信サービスで配信するなどし、そこで得られた収益を配分しています。

マヴォが結んでいる信託契約は作品ごとに数種類ありますが、以下はそのうちの代表的な利益配分の例です。

用途おもな使用例範囲著作者の利益マヴォの利益規定条項備考
出版・頒布書籍の刊行、雑誌の掲載国内初版は著作権使用料の70%、再版以降は90%初版は著作権使用料の30%、再版以降は10%本契約14条第1項、第2項経費はマヴォの負担
国外著作権使用料の40%著作権使用料の60%本契約14条第3項、第4項同上
公衆送信利用アプリへの配信や電子書籍の刊行国内著作権使用料の55%著作権使用料の45%本契約15条第1項、第2項同上
国外著作権使用料の40%著作権使用料の60%本契約15条第3項、第4項同上
二次的利用翻訳、アニメ/映画化国内著作権使用料の60%著作権使用料の40%本契約16条第1項、第2項同上
国外著作権使用料の40%著作権使用料の60%本契約16条第3項、第4項同上
商品化キャラクターグッズ等国内著作権使用料の60%著作権使用料の40%本契約17条第1項、第2項同上
国外著作権使用料の40%著作権使用料の60%本契約17条第3項、第4項同上
広告料・アフィリエイト利益商業広告、SNSでのアフィリエイト収入国内著作権使用料の60%著作権使用料の40%本契約18条第1項、第2項同上
国外著作権使用料の40%著作権使用料の60%本契約18条第3項、第4項同上

より詳しいことは、契約に当たって私達が著作者の皆さんに読んでいただいている以下の文書をご覧ください。なお、この文書は数種類ある契約の一つを解説するもので、すべての契約が当てはまるわけではありません。

著作権信託契約についてのご説明(PDF)